小児歯科

電話でのお問い合わせ 025-372-1183

24時間web予約

キービジュアル

歯医者が苦手なお子さんでも、
楽しく通える「理由」があります

小児歯科診療に対する当院の考え方

大人に限らず、「歯医者は怖い・痛い」という印象を持っているお子さんは少なくありません。こうしたイメージは、初めて受けた歯科治療の際に形成されてしまうケースがほとんどです。虫歯などで歯が痛んでいるときに、知らない大人の手が口の中に入るのですから、恐怖を感じるのは仕方のないことでしょう。
しかし、医療は進歩し、痛みは最小限に抑えられるようになってきました。
もちろん、虫歯を防ぐための手法もより確固たるものに進化しています。歯科医院での定期ケアとご自宅でのセルフケアを適切に行うことで、虫歯になるリスクそのものを大幅に下げることができるのです。

当院では、「お子さんを虫歯にしないための取り組み」と「虫歯になってしまった際の減痛治療」、そして「恐怖心を抱かれないための取り組み」を行っています。

取り組み 1 . 歯医者の雰囲気に慣れてもらうことで恐怖心を緩和

歯医者の雰囲気に慣れてもらうことで恐怖心を緩和

お子さんが初めて来院される時は、緊急時を除いて、すぐに治療に入ることはしません。
見慣れない服装の大人、知らない器具、特殊なにおいなど、歯科医院の雰囲気はお子さんにとってかなり異質な空間です。突然診療台に座らされて治療が始まると、かなりの恐怖を感じることでしょう。
当院では、まずはこうした「よく分からない場所」である歯科医院を、「なんとなく知っている場所」に変えていく取り組みを行っています。
診療台に座ってみる、治療器具に触れてもらう、歯科医師と仲良くなってもらうなど、お子さんが安心できる環境を整えて、それから治療に移ります。

優しい女性ドクターが在籍

お子さんによっては、男性ドクターよりも女性ドクターに安心感を覚えます。
当院には女性ドクターが在籍していますので、ご予約の際に一言お伝えいただければ、可能な限り女性ドクターが診療を担当させていただきます。

取り組み 2 . できる限り「痛くない」治療を行います

できる限り「痛くない」治療を行います

STEP 1. 表面麻酔

表面麻酔

治療の際には麻酔注射を行いますが、注射針が刺さる痛みも低減するために、歯茎の表面に麻酔を行います。
この表面麻酔は塗り薬ですので、表面麻酔自体に痛みはありません。

STEP 2. 極細の針で注射時の痛みを軽減

極細の針で注射時の痛みを軽減

注射針は、細ければ細いほど痛みが小さくなります。当院で使用している注射針は流通している中では最も細いタイプのものですので、痛みは最小限で抑えることができます。

コラムコラム:削る時の不快感を軽減するために 5倍速コントラの使用

コラム:削る時の不快感を軽減するために 5倍速コントラの使用

歯を削るときに感じる不快感は、機械の振動や動作音によるものである場合があります。そのため、歯を削る器具であるコントライアングル(コントラ)の性能は非常に重要です。
当院では、通常のコントラの5倍速で回転する『5倍速コントラ』を導入しています。5倍速コントラは振動が少なく、また機械の動作音も小さいもので済むため、痛みや不快感を小さなもので抑えることが可能になります。

取り組み 3 . 歯を削りすぎない歯科治療の実践

歯を削りすぎない歯科治療の実践

たとえ乳歯であっても、歯を不要に削りすぎると抜歯リスクは上がってしまいます。乳歯が適切なタイミング以外で抜けてしまうと永久歯の成長に問題が生じる場合があるため、乳歯と言えども簡単に抜いたりするようなことはできません。
ですから、お子さんの歯を必要以上に削る処置は避ける必要があります。

当院では、以下のようなツールを活用して、歯を削る量を必要最小限に留めています。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

ダイアグノデントは、歯に特殊なレーザーを当てることで虫歯かどうかを数値で判断できる装置です。
従来的な診断では気付けなかった虫歯も発見しやすくなるだけでなく、充分に虫歯が削れているかどうかの判定がより正確にできるようになります。

う蝕検知液

う蝕検知液

う蝕検知液を使用すると、虫歯になっている箇所が赤く染色されます。

これによって、虫歯になっている場所をグラフィカルに確認することができ、健康な歯質まで削ってしまうトラブルを防ぐことができます。

高倍率ルーペ

歯科治療は、かなり細かい作業が必要となる医療行為であり、単純そうに見える虫歯治療であっても、高い技術力が要されます
肉眼では捉えきれない小さな病変も見逃さないよう、当院では高倍率ルーペ(拡大鏡)を使用して治療にあたっています。

取り組み 4 . お子さんの歯並び矯正も実施します

お子さんの歯並び矯正も実施します

子どものうちに歯並びを矯正し始めることは、大きなメリットがあります。
子どもは骨格が成長途中であるため、比較的簡単に歯並びを変化させることができるのです。また、歯並びが悪くなりやすい骨格を改善することで、自然と理想的な歯列になるよう調整することもできます。
一方、大人は骨格が完成してしまっているため、強力なワイヤーを使った矯正が必要になります。しかし、子どもの矯正に比べて時間もかかりますし、痛みも大きくなりやすいのです。

当院で行う小児歯科矯正については、子供の歯並び改善(リンク)の項目をご確認ください。

取り組み 5 . 0歳からの虫歯予防で生涯健康な歯を

『0歳からの虫歯予防』と言われると、早すぎるような気もするかもしれませんが、そんなことはありません。

新生児のお口の中には、虫歯の原因菌は存在していません。周囲の大人が口移しで食事を与えるなどすることで、赤ちゃんのお口の中に様々な口内細菌が分布するようになるのです。
一般に、生後19か月~31か月程度の時期が、最も赤ちゃんが虫歯菌に感染しやすいと言われています。
この時期の感染を最小限のものに抑えることで、生涯を通して虫歯になる確率が下がります。

先ほどの項目でもお伝えした通り、乳歯が虫歯になってしまって、本来抜けるべきタイミングではないときに脱落してしまうと、永久歯が適切な位置に生えてこないリスクが高まります。
また、そのような状態になってしまうと、歯間の清掃が難しくなり、より虫歯のリスクが高まるケースもあるのです。
これらのことから、0歳から虫歯予防を考え始めることは、生涯の歯科衛生にとって非常に重要だということが言えます。

当院では、赤ちゃんの虫歯を防ぐための体制も整っています。
しかしながら、歯科医院だけで虫歯を防ぐことはできません。自分でケアすることができない赤ちゃんのお口を守れるのは、親御さんなど、周囲の大人です。ご自宅での協力は、必須になります。

お子さんの健康のために、お口のケアを共に進めていきましょう。

取り組み 6 . 食育・栄養指導

食育・栄養指導

歯科医院で食育指導、と言われると、疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし私たちは、「歯医者だからこそ、食育指導・栄養指導に携わる必要がある」と考えています。
それは、食事のスタートがお口であり、私たちはお口のトラブルに関する専門家だからです。

具体的な内容は、お子さんの生活習慣や食の好みなどを伺い、どのような食事がいいか、栄養素の不足はないかなどをチェック、ご提案していきます。
また、小さいお子さんの離乳食について悩まれる親御さんも少なくありません。こうした内容のご相談も、個別に受け付けています。

取り組み 7 . 「ケガで歯が欠けた/割れた」場合の処置

「ケガで歯が欠けた/割れた」場合の処置

小さい子供は転倒しやすいものの、反射的に手を付いて体をガードすることができないケースも多く、それによって前歯を強打してしまうことがあります。
気付きにくいケースもあるのですが、歯や歯の周りの組織はダメージを負っているという症例が散見されます。
長期間放置してしまうと、永久歯に悪影響を及ぼす可能性もあります。

歯を強くぶつけると、以下のような症状が現れることがあります。こうしたものが見られる場合は、特に歯科医院の受診を強くおすすめします。

・歯が折れる
・歯がグラつく
・歯が曲がったり傾いたりする
・歯が抜け落ちる
・ぶつかった歯が変色している

マタニティ歯科のご紹介

マタニティ歯科のご紹介

マタニティ歯科とは、妊婦さん向けの歯科治療プログラムです。
次のような特徴があります。

体制 1お母さん・お腹の赤ちゃんに負担の少ない治療方法

お母さんの歯にトラブルがあって治療が必要となった場合、お母さん・お腹の赤ちゃんの両方に負担がかかりにくい時期を選んで治療を進めます。
また、お腹が大きくなってきた妊婦さんには、無理のない体制で治療ができるよう工夫をします。
お薬やレントゲン撮影に関しても、赤ちゃんに影響が出ないよう最大限の配慮を行います。
また、必要があれば産婦人科医と連携を取ることで、万全を期して治療を進めていきます。

体制 2産後のフォロー体制も充実させています

産後のお母さんの歯科治療はもちろん、お子さんの虫歯予防・歯科治療なども対応しています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

24時間WEB予約

〒950-1213
新潟県新潟市南区能登
507−4

電話でのお問い合わせ:025-372-1183
このページの先頭に戻る