インプラント

電話でのお問い合わせ 025-372-1183

24時間web予約

キービジュアル

安全性」を追求し、
術中術後のリスクを減らした
コンピューターインプラント

安心してインプラント治療を任せられる医院を選ぶポイント、お教えします

インプラントは外科処置を伴う治療です。
そのため、信頼できる歯科医師・歯科医院による治療をどのように選ぶかが非常に重要になってきます。
以下のような基準を満たしているかが、インプラント施術の信頼性に大きく関与しています。

・手術室があるかどうか
・感染予防策は万全か
・CTなどの診断装置が充実しているか

これらに加えてもう1つ重要な要素となるのが、「担当医がどのような人間か」です。
インプラント手術は、担当医の技術力・経験・知識など、様々なものが求められます。加えて、インプラント治療に対する考え方や熱意なども不可欠です。
上に挙げた3つの項目は目に見えて判断しやすい材料であるのに対し、「担当医の人間性」は確認しにくいものではあります。

そこで、「直接歯科医師と話しをして、そのドクターがどのように考えているかを確認する」ことをおすすめします。
当院では、こうした機会を患者さんが持っていただけるよう、歯科医師とコミュニケーションを密に取れる環境を整えております。
ぜひ気兼ねなくお問い合わせください。

当院のインプラント治療における特徴は

当院のインプラントは、以下のような特徴を持っています。

01インプラント治療を担当するドクターの紹介

小千田 雅

経歴
  • 日本歯科大学新潟歯学部卒業
  • 日本口腔インプラント学会

瀬戸 宗嗣

経歴
  • 日本歯科大学新潟歯学部卒業
  • 日本口腔インプラント学会 専門医
  • 日本額顔面インプラント学会

02コンピューターインプラントで精度を向上

コンピューターインプラントで精度を向上

CTやコンピューターシミュレーション等を利用することで、適切な治療計画を立てることができます。また、人為的ミスの発生リスクを最小限に抑え、理想的な位置にインプラントを埋め込むことが可能です。

CT装置

通常のレントゲン写真は二次元的な撮影しかできないのに対して、CTは三次元的な撮影が可能です。
これによって、骨の神経、血管の位置などをより正確に把握することができるようになり、安全性と確実性が飛躍的に向上します。

シミュレーションソフト

シミュレーションソフト

CTで得られたデータを取り込むことで、コンピュータ上で事前に手術のシミュレートが可能になります。
これによって、埋め込むインプラントの角度や深さなどを入念にチェックでき、手術の成功率を向上させることができるのです。

ガイドの利用でさらに安全に確実な治療を

ガイドの利用でさらに安全に確実な治療を

当院では、治療の確実性をより高めるために、「ガイド」という治療具を使用する場合があります。
ガイドは、CTデータとシミュレーションソフトの結果から得られた治療に関する情報を反映させて作るマウスピースのようなものです。
これを利用すると、事前に決定したインプラントを埋め込む場所・角度・深さなどを治療にそのまま反映させることが簡易になりますので、より正確な治療が行えます。

03滅菌管理された環境下での手術

滅菌管理された環境下での手術

インプラントは一般的な歯科治療に比べて、さらに厳重な菌のコントロールが求められます。
当院では、充分に滅菌管理した体制のもと、治療部位への感染防止対策を徹底しながら治療に当たっています。

DACプロフェッショナル

DACプロフェッショナル

世界水準の高精度滅菌システムです。
通常の処理だけでは洗浄しにくい部分に付着している歯の削りカスや血液、唾液なども、機器の内部から高レベルで滅菌することができます。

ミーレジェットウォッシャー

ミーレジェットウォッシャー

治療器具を最高93度の熱水で処理する洗浄器です。
通常の処理ではなかなか落ちにくいタンパク質も、しっかり変性させて取り除きます。

04歯科用顕微鏡の利用

歯科用顕微鏡の利用

当院では、歯科用の顕微鏡であるマイクロスコープを活用しています。
肉眼と比べ、数十倍にまで視野を拡大することができるため、精密な治療には欠かせないアイテムです。
左下の画像は、千円札の裏面に描かれているサクラの花を示しています。こちらを拡大すると、赤い丸の中に『ニ』『ホ』『ン』の文字が隠れているのが見えます(右下の画像)。
この高倍率拡大も活用して、より正確で緻密なインプラント術をご提供します。

  • 高倍率ルーペ
  • 高倍率ルーペ

その他の特徴もご紹介します

当院のインプラント治療における特徴は、ほかにもあります。

世界標準のメーカーの利用

インプラントメーカーは流通している物で50社から100社あると言われており、海外のメーカーも含めると150社から200社にもなると言われています。

当院では、その中でも日本、そして海外のドクターから高い評価を受けている下記のインプラント製品を使用しております。

ストローマン

世界シェア第1位のインプラントメーカー。
世界70カ国以上で使用されています。
スイスのベルン大学が10年かけて行った臨床研究によると、手術の成功率が約97%、残存率が約98%という結果が出しています。
世界中の歯科医師から信頼を寄せられているメーカーです。

アストラテック

スウェーデン製の「Astra Tech Implant(アストラテックインプラント)」のインプラントシステム。


世界で長い歴史と実績があるのは、スウェーデン生まれのブローネマルク社ですが、そのブローネマルク社の欠点を改善されたのがこのアストラテックインプラントシステムです。
インプラントの周囲の骨吸収を起こさないインプラントとして、広く世界に認められ、世界第一位に迫る程のシェアを得ています。

カムログ

ドイツで第1位のシェアを誇るインプラントメーカーです。
ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、各国で広く使用され高い評価を得ています。
インプラント本体と人工歯を繋ぐ連結部分の安定性に優れているのが特徴です。
そのため長期間使用しても人工歯がずれにくく、噛み合わせの悪化を防ぐことができます。

静脈内鎮静法で痛みと不安感を低減

静脈内鎮静法で痛みと不安感を低減

インプラントの手術では、一般的に局所麻酔が使われます。局所麻酔で充分に痛みは感じないようにできるためです。
しかし、局所麻酔だと意識ははっきりしているため、骨を削る音や振動は感じます。お口の中を大きく手術するため、緊張や不安を感じるケースも少なくありません。場合によってはパニック発作を起こして、呼吸・血圧・脈拍などに大きな影響を与えることもあります。

そこで当院では全身麻酔に近く、かつ体への負担も小さい麻酔として「静脈内鎮静法」を採用しています。静脈内鎮静法を行うと患者さんは「うとうと」とした状態になり、緊張や不安を感じにくいまま手術を終えることが可能になるのです。
実際、この麻酔を利用した患者さんの多くが「気付いたら手術が終わっていた」と仰っています。副作用や後遺症などの心配は極めて少ないため安心して受けていただくことができます。

ガイドデントで安心の10年保証

当院では、インプラント治療の保証期間を10年間としています。
この保証は、インプラント第三者保証機関である「ガイドデント」によるものであり、当院が一定水準以上のインプラント術を行えることの証でもあります。
ガイドデントの活用で、一般的に対象外となるような再治療に対しても保証が効く場合があるというメリットもあります。

ガイドデントで安心の10年保証

特長1 偶発的な事故によるアクシデントも保証対象です
通常の保証では、「何もしていないのにインプラントの調子が悪くなった」時にしか対応できません。
ガイドデントの保証であれば、仕事やレジャーなどのシーンで運悪く治療箇所をぶつけてしまい、その結果再治療になってしまったようなケースも保証の範囲に含まれているのです。

特長2 転居時も全国の認定会員の再治療ネットワークで保証
通常の保証は、治療した歯科医院でしか適用されません。
しかしガイドデントは、全国にあるガイドデント認証医の歯科医院で再治療の保証が受けられます。転居などで最初に治療してもらった歯科医院に通えなくなった場合でも安心です。

インプラントはできないと言われた患者さんにも対応できる場合があります

患者さんが別の疾患を持っているときには、「インプラント手術ができない」と断られてしまうケースがあります。
当院ではそうした患者さんにも対応できる可能性がありますので、一度ご相談ください。

糖尿病・心臓病・高血圧の方

糖尿病の患者さんは、手術時に血液が止まりにくくなったり、急激な血糖値の変化でショック症状を引き起こしたりする場合があり、インプラント術によって命のリスクが生じてしまうケースがあります。
心臓病や高血圧の患者さんも、ショック症状の危険性からインプラントを断られてしまうことがあるのです。
しかし、近年では術前のコンディションを整え、生体モニタリングなどを注視しながら手術を行うことで、安全にインプラントを受けていただくことも可能になってきています。

当院では担当の内科医の判断を仰いだ上で、インプラント治療を受けられるようなご提案をしていきたいと考えています。

あごの骨が少ない・薄い方

上記のような持病以外で治療を断られる主な理由は、あごの骨が少なかったり、薄かったりといったことにあります。
インプラントは、あごの骨に金属の土台を埋め込むという手術で治療を進めます。そのため骨量が足りないと、十分に土台を骨が支えられず、うまく治療ができないのです。
しかし、最近では骨を増やすための「骨造成」という技術が進展しており、こうした症例でもインプラント治療を受けていただけるようになってきました。

骨造成と呼ばれる治療は高い技術力が必要になるため、インプラント治療を掲げている歯科医院でも対応できないケースがあります。
当院ではこうした患者さんにもご納得いただける治療方針をご提案していきます。

あごの骨が少ない・薄い方

治療後に気を付けるインプラント周囲炎

インプラント治療後には、「インプラント周囲炎」という病気に注意する必要があります。
インプラント周囲炎は、言わば「インプラントの歯周病」です。埋め込んだインプラント体の周りで歯周病菌が繁殖し、あごの骨を溶かしてしまうことで、せっかく埋め込んだインプラント体が抜け落ちてしまうなどのトラブルが発生します。

治療後に気を付けるインプラント周囲炎

インプラント周囲炎を予防するためには、ドクターの指示に従ってお口をケアするしかありません。
具体的には、日々のブラッシング・フロッシングによって歯周病菌が繁殖しにくい口内環境を作ることと、定期的に歯科診療を受けてトラブルが発生していないかをチェックしてもらうという2点です。

特に日々のブラッシング等のお手入れに関しては、十分な注意が必要です。そもそもインプラント手術を受けなくてはいけない状態になってしまった症例には、歯周病が悪化して抜歯せざるを得なくなってしまった、というものが多くみられます。つまり、歯磨きの方法などが適切でない可能性が多いにあるのです。

当院では、治療前と治療後で、インプラント周囲炎の恐ろしさと、適切な日々のお手入れ方法についてお伝えしています。

院長からメッセージ インプラントはあくまで選択肢の1つです

歯を失ってしまった際には、いくつかの方法で人工歯を埋めることができます。「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」が、それらの代表と言えるでしょう。
これらの手法には、それぞれメリットとデメリットがあり、患者さんのニーズに合わせた手法を取るのが最も理想だといえます。
しかし、そうした条件を除外して機能性という観点だけでお伝えするなら、インプラントはかなりメリットの大きい治療法です。

自分の歯のようにしっかりと噛むことができ、ほかの歯にダメージを与えないというインプラントの特徴は、入れ歯やブリッジでは得にくいものです。
「インプラント」というだけで敬遠される患者さんもいらっしゃいますが、まずは一度、そのメリットとデメリットについて理解していただければと思います。その上でインプラント以外の治療方法を選んだとしても、それはより希望通りの治療が行えたという結果につながるからです。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

24時間WEB予約

〒950-1213
新潟県新潟市南区能登
507−4

電話でのお問い合わせ:025-372-1183
このページの先頭に戻る