小児歯科


小児歯科

小児歯科


小さな頃の怖い体験は、大人になってからもトラウマとして残ってしまいます。
歯医者さんでの経験がトラウマにならないためにも、こせんだ歯科医院では楽しく来院してもらえるようにお子様の治療体制を整えています。


お子様にも安心して治療を受けてもうらために、お子様との気さくな会話や診療内容のしっかりとした説明、
親御さんとの同席をしてもらっての治療などといった、安心感を感じてもらえる内容・空間づくりを意識しています。
ただ「歯の病気を治してもうらうところ」というイメージでけでなく、「歯医者さんに行くと楽しい」
というイメージをもってもらえるための医院づくりに努めております。


虫歯にならないために


虫歯は、人から人にうつる「感染症」だということをご存知でしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因となる菌がいません。
ではなぜ虫歯になるのか。多くの場合、生後1歳7ヵ月〜2歳7ヵ月の間に周囲の大人からのスキンシップを通して移るといわれています。お子さんへの虫歯菌の感染に注意を払うことで、一生虫歯のない歯でいられる可能性が高くなります。 そのために、まずは次の3つのことに気をつけるところから始めてください。


感染源の除去

感染源の除去


虫歯のほとんどが周囲の大人とのスキンシップの中でうつる場合がほとんどです。なかでも接触時間の長いお母さんから虫歯菌がうつるケースがほとんどです。
まずはお母さんのお口の中を清潔に保つことから始めましょう。


2
感染経路の遮断

感染経路の遮断


これは多少難しいことかもしれませんが、お母さんが口をつけたスプーンや、細かく噛み砕いた食べ物などのスキンシップからうつる場合がほとんどで、その行為をストップすれば経路は断たれる。ということになります。
しかし幼少期はお母さんとのスキンシップはとても大切で、その行為を蔑ろにはできません。
そのために、虫歯の原因を予防することができる「キシリトール」を活用して感染経路を防いでください。


3
抵抗力の強化

抵抗力の強化


大人の場合は歯質が丈夫なため虫歯の進行はゆっくりですが、お子様は免疫力・歯質ともにまだ弱く、虫歯が一気に進行してしまいます。
その結果が「みそっ歯」と呼ばれるボロボロの状態になってしまいます。まずは普段の歯みがきから見直してください。
他にも様々な状況で感染するケースがあります。しかし、まず正しい歯磨きによる予防を行うことで、お子様が長く健康的な歯を保つきっかけになるのは間違いありません。
歯医者さんと相談したうえで、お子様に対してどのような体制で予防をするかご確認ください。


診療内容:  一般歯科  /  小児歯科  /  矯正歯科  /  審美歯科  /  インプラント  /  予防歯科