一般歯科


一般歯科

一般歯科

こせんだ歯科医院では勉強会をはじめとする、スタッフ同士の治療方法の確認などを行っております。
どのような治療でも最善のアプローチをかけることをお約束します。


虫歯治療


虫歯は風邪と同じく、どのような世代も抱える一般的な病気です。日頃の歯みがきや食事に気を使うことで多少の予防になりますが、
進行すると歯を削ったり、抜いたりしなくてはなりません。

お子様は様々な要因で虫歯になりやすいので、毎日のケアを心がけなくてはいけません。
また、現在では高齢者にも多くなってきています。
いつまでもキレイな歯を保つために日々の健診や治療を行ってください。

虫歯は急に発症するわけではなく、長い時間をかけて少しずつ進行していきます。
初期の段階(C0=経過観察)を過ぎてしまうと虫歯はどんどん悪化していきます。
歯は一度悪くなってしまうと、もとの状態には戻りません。

一般的な歯科医院では、虫歯の進行状況をそれぞれ「CO」→「C1」→「C2」→「C3」→「C4」という記号で表します。
初期の段階であるCO(経過観察)の段階であれば、しっかりとした処置を行うことで歯を削らず、自然治癒させることができます。
しかし、それ以降のC1〜C4の段階になってしまうとご自身の処置では対応できません。
そのため、歯科医院にてしっかりとした治療が必要となります。

C1
表面に穴があいている状態

表面に穴があいている状態

C1は、虫歯の初期段階でエナメル質が溶けて歯の表面に穴があいている状態です。
治療が必要になりますが、虫歯を削りレジンというプラスチックを詰める治療で、1回で終えることができます。


C2
穴が象牙質にまで拡大している状態

穴が象牙質にまで拡大している状態

C2の段階では、冷たいものを飲むことで歯に違和感を覚える状況になります。
この段階までであれば、歯を削る量は比較的少なくすることが可能です。
また、1回〜2回程度の短期間での治療回数で終えることができます。


C3
歯がかなり失われている状態

歯がかなり失われている状態

C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなってくるのがC3です。
C3以降の治療は、虫歯が神経まで到達しているので、神経を除去するか、除菌する治療が必要になり、かぶせものを装着することになります。治療回数は5〜6回とC2よりも長期の治療が必要になります。


C4
歯の根しか残っていない状態

歯の根しか残っていない状態

C4まで進んでしまった虫歯は、痛みがなくなることがほとんどで、 痛みがなくなったせいで「歯医者にいかなくてもいいや」と考える方が多くなります。
しかしその考えは非常に危険で、痛みがなくなる原因は神経(歯髄)が死んでしまったからです。細菌はその間にも徐々に歯を溶かし腐らせていきます。
決して「痛みがなくなった=治った」わけではありません。早めの診療が大切です。


C4まで進行してしまった歯は基本的に残すことが不可能になってしまいます。
しかし、周囲の骨や歯の根の状況などによっては、歯を残す治療も可能となる場合もございますので、まずはご相談下さい。


歯周病治療


以下の症状がある場合、すでに歯周病を発症している可能性があります。

 

●ハミガキをすると歯ぐきから出血する
●歯肉が赤く腫れている
●歯ぐきから膿が出る
●食べ物が歯の間に挟まりやすくなった
●昔より歯が長くなったように見える
●朝起きた時、口の中がネバネバする
●歯がグラグラする
●歯が浮いたような感じがある
●口臭があるとよく言われる

 

これらは歯周病の典型的な症状です。

歯周病に関しては、成人の約8割が罹患しているという統計があります。
歯周病は虫歯と違い痛みもなく進行していきますので、気付いた時にはもう手遅れ(抜歯)ということが多い病気です。
歯周病の厄介なところはこの痛みがない、つまり自覚症状がなく進んでしまうところです。

「成人のほとんどが罹患している」、「痛みがなく進行する」、「最終的には歯を失ってしまう病(やまい)である」
このことを理解し、早めに、そして定期的に適切な処置をしてくれる歯科医院に通院することで、歯周病の進行を止め完治させることが可能になります。


こせんだ歯科医院では、歯と歯ぐきを守るための治療や、正しいブラッシング方法をお教えしています。
歯周病は放っておくと様々な病気の原因になる場合があります。
気になる方は早めの治療をご検討ください。



診療内容:  一般歯科  /  小児歯科  /  矯正歯科  /  審美歯科  /  インプラント  /  予防歯科